緊急地震速報 API 仕様


リクエストURL:http://svir.jp/eew/data.json

リクエストメゾット:GET

できるだけ発表からすぐ更新されるようになっていますが、受信失敗・回線混在・サーバーメンテナンス等で正常に配信できない、アクセスできない場合があります。


レスポンス
Head. ヘッド情報を記載 1回出現
Head.Title API識別タイトル、「緊急地震速報(予報)」で固定 1回出現
Head.DateTime 緊急地震速報の発表時刻 1回出現
Head.EditorialOffice 緊急地震速報を発表した管区気象台名 1回出現
Head.PublishingOffice 発表官庁名、「気象庁」で固定 1回出現
Head.EventID 地震識別ID、地震ごとに異なる 1回出現
Head.Status 電文の状態、「通常」は通常配信、「取消」はキャンセル報、「訓練」は訓練配信、「訓練取消」は訓練をキャンセル、「試験」は試験配信 1回出現
Head.Serial 電文の配信数、地震識別IDごとに増えていく 1回出現
Head.Version 電文バージョン、「1.0」で固定 1回出現
Body. ボディ情報 1回出現
Body.Earthquake. 震源情報 0/1回出現
(キャンセル時は出現しない)
Body.Earthquake.OriginTime 地震発生時刻 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter. 震源要素 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter.Name 震央地名 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter.Code 震央地名コード 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter.Lat 震源位置の緯度 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter.Lon 震源位置の経度 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter.Depth 震源の深さ 1回出現
Body.Earthquake.Hypocenter.LandOrSea 震源の陸海識別 0/1回出現
Body.Earthquake.Accuracy. 精度情報 1回出現
Body.Earthquake.Accuracy.Epicenter[0] 震央の確からしさ
0:不明
1:P波/S波レベル越え、またはIPF法(1点)、または仮定震源要素の場合
2:IPF法(2点)
3:IPF法(3/4点)
4:IPF法(5点以上)
5:防災科研システム(4点以下、または精度情報なし)〈防災科研Hi-netデータ〉
6:防災科研システム(5点以上)〈防災科研Hi-netデータ〉
7:EPOS(海域〈観測網外〉)
8:EPOS(陸域〈観測網内〉)
9:予備
1回出現
Body.Earthquake.Accuracy.Epicenter[1] 震源の確からしさ(気象庁内部システムで使用するため予告なく変わる場合がある)
0:不明
1:P波/S波レベル越え、またはIPF法(1点)、または仮定震源要素の場合
2:IPF法(2点)
3:IPF法(3/4点)
4:IPF法(5点以上)
5-8:予備
9:従来法(IPF法を含む)の最終相当。推定震源・マグニチュードはこれ以降変化しない(ただしPLUM法により予想震度が今後変化する可能性はある)
1回出現
Body.Earthquake.Accuracy.Depth 深さの確からしさ
0:不明
1:P波/S波レベル越え、またはIPF法(1点)、または仮定震源要素の場合
2:IPF法(2点)
3:IPF法(3/4点)
4:IPF法(5点以上)
5:防災科研システム(4点以下、または精度情報なし)〈防災科研Hi-netデータ〉
6:防災科研システム(5点以上)〈防災科研Hi-netデータ〉
7:EPOS(海域〈観測網外〉)
8:EPOS(陸域〈観測網内〉)
9:予備
1回出現
Body.Earthquake.Accuracy.MagnitudeCalculation マグニチュードの確からしさ
0:不明
1:未定義
2:防災科研システム〈防災科研データ〉
3:全点P相
4:P相/全相混在
5:全点全相
6:EPOS
7:未定義
8:P波/S波レベル越え、または仮定震源要素の場合
9:予備
1回出現
Body.Earthquake.Accuracy.NumberOfMagnitudeCalculation マグニチュード計算使用観測点数(気象庁内部システムで使用するため予告なく変わる場合がある)
0:不明
1:P波/S波レベル越え、1点、または仮定震源要素の場合
2:2点
3:3点
4:4点
5:5点以上
6-9:予備
1回出現
Body.Earthquake.Magnitude マグニチュード
不明時、「/./」となる
1回出現
Body.Intensity. 震度情報 0/1回出現
(キャンセル時は出現しない)
Body.Intensity.MaxInt 最大予測震度
1:震度1
2:震度2
3:震度3
4:震度4
5-:震度5弱
5+:震度5強
6-:震度6弱
6+:震度6強
7:震度7
不明:不明時
1回出現
Body.Intensity.TextInt テキストの予測最大震度 1回出現
Body.Intensity.ForecastInt. 最大予測震度
基本的に子要素(From、To)は同じ値を記載する。ただし「~程度以上」の表現を用いる場合は、To要素の内容は「over」と記載する
1回出現
Body.Intensity.ForecastInt.From 最大予測震度の下限
1:震度1
2:震度2
3:震度3
4:震度4
5-:震度5弱
5+:震度5強
6-:震度6弱
6+:震度6強
7:震度7
不明:不明時
1回出現
Body.Intensity.ForecastInt.To 最大予測震度の上限
1:震度1
2:震度2
3:震度3
4:震度4
5-:震度5弱
5+:震度5強
6-:震度6弱
6+:震度6強
7:震度7
over:~程度以上
不明:不明時
1回出現
Body.Intensity.Appendix. 予測震度付加要素 0/1回出現
Body.Intensity.Appendix.MaxIntChange 最大予測震度変化
0:ほとんど変化なし
1:最大予測震度が1.0以上大きくなった
2:最大予測震度が1.0以上小さくなった
3-9:未定義
1回出現
Body.Intensity.Appendix.MaxIntChangeReason 最大予測震度変化の理由
0:変化なし
1:主としてMが変化したため(1.0以上)
2:主として震央位置が変化したため(10㎞以上)
3:M及び震央位置が変化したため(1と2の複合条件)
4:震源の深さが変化したため(上記のいずれにも当てはまらず、30㎞以上変化)
5-8:未定義
9:PLUM法による予想により変化したため
1回出現
Body.Intensity.Areas[] 一次細分化地域別予測震度情報 0/1回出現
Body.Intensity.Areas[].Name 一次細分化地域名 1回出現
Body.Intensity.Areas[].Code 一次細分化地域コード 1回出現
Body.Intensity.Areas[].Kind. 予報カテゴリー 1回出現
Body.Intensity.Areas[].Kind.Name 予報カテゴリー名の文字列表現
「緊急地震速報(予報)」、「緊急地震速報(警報)」を記載。
1回出現
Body.Intensity.Areas[].Kind.Code 予報カテゴリー名のコード表現
1桁目
0:予報
1:警報
2桁目
0:主要動未到達
1:既に主要動到達と推測
9:PLUM法での予測
1回出現
Body.Intensity.Areas[].MaxInt 最大予測震度
1:震度1
2:震度2
3:震度3
4:震度4
5-:震度5弱
5+:震度5強
6-:震度6弱
6+:震度6強
7:震度7
不明:不明時
1回出現
Body.Intensity.Areas[].TextInt テキストの予測最大震度 1回出現
Body.Intensity.Areas[].ForecastInt. 最大予測震度 1回出現
Body.Intensity.Areas[].ForecastInt.From 最大予測震度の下限
1:震度1
2:震度2
3:震度3
4:震度4
5-:震度5弱
5+:震度5強
6-:震度6弱
6+:震度6強
7:震度7
不明:不明時
1回出現
Body.Intensity.Areas[].ForecastInt.To 最大予測震度の上限
1:震度1
2:震度2
3:震度3
4:震度4
5-:震度5弱
5+:震度5強
6-:震度6弱
6+:震度6強
7:震度7
over:~程度以上
不明:不明時
1回出現
Body.Intensity.Areas[].ArrivalTime 主要動の到達予想時刻
主要動の到達予想時刻以前であり、主要動が未到達と推測されるとき又はPLUM法の予測時(PLUM法で予測された情報では、本要素はその震度を予測した時刻となり、到達時間ではなくなる。)、に本要素が出現し、「Condition」は出現しない。
0/1回出現
Body.Intensity.Areas[].Condition 主要動の到達状況、「既に主要動到達と推測」で固定
主要動の到達予想時刻を過ぎており、主要動が到達と推測されるときに本要素が出現し、「ArrivalTime」は出現しない。
0/1回出現
Body.PLUMFlag 推定震源がなくPLUM法のみによる震度予測
0:推定震源あり(IPF法やPLUM法など)
1:推定震源のないPLUM法のみの予想
0/1回出現
(キャンセル時は出現しない)
Body.WarningFlag 警報判定フラグ
予報時「0」、警報時「1」
0/1回出現
(キャンセル時は出現しない)
Body.EndFlag 最終報判定フラグ
継続報「0」、最終報「1」
0/1回出現
(キャンセル時は出現しない)
Body.Text コメント情報 0/1回出現

更新履歴